生まれてきてくれてありがとう。

JUGEMテーマ:グルメ



「生まれてきてくれてありがとう。」

と、言われるような人間になりたい(笑)

と、言われるような人間に成長したい。



お写真の新じゃがの揚げ煮は「卯波」というお店の名物料理です。
もう、これを目当てに通いたいくらいです。

「卯波」は知る人ぞ知る、故 鈴木真砂女さんが女手一つで50年以上銀座で
守り続けていたお店です。
残念ながら、真砂女さんは2003年にお亡くなりになり、今は彼女のお孫さんが
味を受け継いでいらっしゃいます。
また、2008年には銀座の再開発に伴い、移転を迫られてしまいました。
でも、また同じ銀座でひっそりと再開をされています。

真砂女さんは本当に波乱万丈の人生を送られ、そして恋多き女で俳人としても
とても有名でいらっしゃいました。

こんな句を詠まれてます。


「秋刀魚焼く煙りの中の割烹着」

「羅(うすもの)や人悲します恋をして」


その昔、私が学生だったころ、彼女の俳句に出会い、いつか大人になって
お店の暖簾をくぐれる日が来たらいいな・・・と夢描いていたものです。

人生の折り返し地点に差し掛かろうとする今年になってやっと訪れることが
出来ました。
銀座というと、堅苦しい、高級なイメージが先行しますが、「卯波」が目指しているのは
そんなお店じゃないと思います。
気楽に、ゆったりとくつろぎながら、美味しい肴をつまみ至福の時を味わう。
そんなお店だと思います。

学生の頃からの夢が叶った今、これからの目標は一人で「卯波」に行き、
静かにお酒を堪能でき、句の一つや二つが詠める人になりたいと思います。


「師走越え 更に栄えし 卯波かな」 jade


来年の卯年にあやかって、もっともっと懇意にしたいお店です。







photo by jade -
<< 12月 | main | しあわせってなんだ〜っけなんだっけ♪ >>
http://jade-beads.jugem.jp/trackback/221
☆VistaQuest FanCLUB更新履歴☆

ほかにもいろいろ

PHOTOHITOブログパーツ


メールはこちらまで

counter